前へ
次へ

暗記のコツは、思い出すのに重点的へ

物事の暗記をする人の多くは、書いて覚える、唱えて覚える事を重点的に置いているのではないでしょうか。世の中には様々な情報があり、自分自身にとって必要である情報について記憶が強く働くのです。必要であるとは、思い出して扱う内容であり、その点について重点的に置く必要性があります。暗記した内容を思い出す場合、分らなければ直ぐに確認しようとする人もいるでしょう。思い出そうとする気持ちが重要であり、少なからず、3分ほどは思い出す努力を設けるのもポイントです。分からないものを、必死で思い出そうとする場合、知りたい欲求が現れるでしょう。この知りたい欲求が、暗記の強化へと働きやすくなるのです。ただし、確認する場合は、確認して終わってはなりません。その安心感が、記憶の強化を弱めてしまう場合もあるためです。自分にとって大切な内容だと言い聞かせるために、3分ほど頭の中で考え込むと良いでしょう。自分にとって必要である情報の好きな人のことになると、頭で考え込む時間帯が多くなるはずです。暗記は、好きであるほど記憶の強化にも繋がりやすく、その点についてポイントを置くのも大切です。

Page Top