前へ
次へ

記憶に大切な暗記について

繰り返し続いて行く日常生活の中で、様々な人との出会いに出来事は、記憶として頭の中に残り続けて行きます。その中で、くっきりとした鮮明な思い出が残り続けたならば、尚の事良いのでは無いかと感じて居ります。色んな似た出来事、似通った人との関わりによって、そうした記憶の識別が少し複雑且つ難しく感じて仕舞う事も有るのでは無いかと、私感では有りますが感じて居ます。先程の事柄に対して、非常に有効な物が有ると考えます。それが、暗記です。世の中に数多に有る、情報や名称、そして人々。その常に有る日常の中での事柄を、より鮮明に忘れない様に記憶して置く為に役立つと考えます。自分なりの覚え方で、頭の中の片隅にでも良いから、スッと引き出せる様にして行けたら、それは正解だと言えるのでは無いでしょうか。毎日毎日に有る出来事を、鮮明に忘れずに、長く未来に記憶して置けたならばそれはとても良い事です。そして、その為に暗記は欠かせない物だとも言えると思います。

Page Top